仕事探しにおける両者の違い

大学3年生の後半くらいになると、就活を意識して自分が将来どのような仕事に就きたいのか、考えるようになります。一方、社会人でも20代後半から30代中盤にかけては、意外にも転職を考える人が少なくありません。しかし、両者の仕事探しには大きな違いが存在するのが実態です。

まず、学生の場合は職歴のない人が一般的でしょう。働いた経験がないため、自分にはどのような仕事が合うのか、判断が難しい面が出てきます。反面、職歴がないことは学生にとって、大きな強みです。理由としては、新卒採用をする企業側から見て、学生が特別なスキルや経験を持っていることに期待していないケースが多いことが挙げられます。

そこで企業は、学生が自社の雰囲気に適合したうえで数年単位での教育によって、優秀な人材として育つかどうかをチェックするのです。そのため、学生側は自分が興味のある仕事をピックアップし、採用試験で熱意をアピールすれば良い結果が見えるかもしれません。

一方、社会人が転職する場合には職歴が重視されます。たとえば、広告代理店で勤めていた人が製造業に転職する際、どのような広告代理店で何年間勤務していたのか、そこで培ったノウハウや人脈はどのようなものなのかを企業側は知りたがるものです。以上のことからわかるように、社会人が転職する場合は、熱意だけでは採用されません。経験やスキルによっては、転職に有利な業界と不利な業界が出てくるケースも多いです。