自由時間と収入が反比例の関係に

学生から社会人となって本格的に仕事を始めた場合、もっとも違ってくるのは自由に使える時間です。学生時代は講義さえ終われば、好きなように自由時間を確保できます。しかし、社会人はその生活が一変し、日々の出勤と残業は当たり前のスケジュールになることも珍しくありません。学生のように、自由時間が減ってしまうのは避けられないでしょう。

このような状況になってはじめて、人は時間の有効活用とその無駄を減らす意味を知ります。意欲的に、無駄のないスケジュールの調整方法を覚えていくのです。特にこの傾向は、休日に外出して趣味を楽しむ人に強く見られます。スケジュールを調整しなければ、仕事と趣味の両立や充実は困難に近いでしょう。上手くできていないと、どちらも中途半端に終わって疲労だけを残すだけになる可能性もあります。

一方で、社会人になると収入が増加することから、仕事と趣味の両立をより簡単に実現できるようになるのです。たとえば、訪れたい場所と自宅を短時間で往復できる車の購入や、体力作りと健康増進を両立させるトレーニングアイテムの購入などが挙げられるでしょう。

社会人になってからの自由時間と収入の間には、反比例の関係が成立するのが常と言えます。仕事の中に上手く趣味を捻じ込むためには、適度な妥協点を自分なりに探し出すことが求められるのです。このバランスも重要で、どちらかに偏りすぎると両立が厳しくなってしまうので注意が必要となってきます。